葬儀について知りましょう!|スムーズに葬儀を執り行うために

葬式

執り行う流れについて

合掌

埼玉などで執り行う葬式とか葬儀と言われると、なんだか怖い気もしますが、「お墓に入る」という表現なら少し恐怖感が薄れるのかもしれません。火葬がすみ、遺骨の法要が済んだ後は、いつかは納骨をすることになります。

知っておくと良いこと

数珠

葬儀に取り組む前に、しっかりと葬儀に関する知識を蓄えておくことが大切だと言われています。どういった知識を蓄えておくのが良いかというと、主に葬儀に関するマナーなどを把握しておくと良いようです。

死に関することについて

花

人間の死。それは生きていれば、必ず訪れる出来事です。今よりだいぶ昔には、人間の死は「普通ではないこと(異常なこと)」として考えられていたと言います。しかし、人間の死は誰にでも訪れることなので、異常なことという認識ではいつまでもいられないというのが個人的な本音です。ただ、今でも人間の死にまつわる話題が避けられているのは事実です。そのためなのか、葬式や葬儀に関する根本的な知識までが、広く伝わっていないと思うのは私だけでしょうか。かく言う私も、葬式や葬儀のことについて詳しいわけではありません。なにしろ、少し前までは「葬式」と「葬儀」の違いすらもよくわかっていなかったくらいですから・・・。
ちなみに、みなさんは埼玉などで行なう「葬式」と「葬儀」の違いについて詳しく知っていますでしょうか。知らない方のために、念の為にご説明しておきますと、埼玉などでも行なわれる「葬式」と「葬儀」というのは別物です。あの世へお見送りをするためにお経を読むのが葬儀です。そして故人にお別れの挨拶をするためにお焼香をするのですが、この儀式は告別式と言われています。葬式というのは、この一連の流れの全体を示していると考えてもいいでしょうね。ただ、宗教によって違いがありますので、一概には言えません。火葬の後には遺骨の法要が行われます。お墓への納骨に関しては、「絶対にこの日に」という明確な決まりがありません。たいていは、忌明けの四十九日に、法要とお墓への納骨式を行うことが多いようです。

新しいスタイル

葬式

昔の葬儀は一定のスタイルでしたが、時代とともに葬儀のスタイルは変化しています。その中に、自由に葬儀をプロデュースできる無宗教葬と言われるものがあります。無宗教葬は自由な形式で葬儀ができます。