葬儀について知りましょう!|スムーズに葬儀を執り行うために

香典

新しいスタイル

葬式

大切な人が亡くなった場合は、葬儀を行なうことが一般的です。葬儀は世界共通ですが、国や宗教によって葬儀の内容は異なってきます。どうしてかと言うと、宗教や宗派によって死に対する考えや、捉え方が違うからです。その為、宗教の伝統的な考えによって葬儀の手順も変わってくるのです。

日本は無宗教の人が多いと言われています。無宗教の葬儀の場合は、宗教や宗派に関係なく葬儀をすることができます。その為、最近は「無宗教葬」が主流となっています。無宗教葬は、特定の宗教や宗派による伝統にこだわる必要がないので、形にとらわれない自由な葬儀をすることができます。
例えば、葬儀の色と言えば黒ですが、黒だとどうしても悲しい気持ちを芽生えさせてしまいます。その為、葬儀は黒色というイメージをなくし、逆に明るい色で葬儀を行なう人もいます。明るい色だとどんよりとした気持ちにもならないですし、自然と笑顔で故人を送り出すことができるでしょう。また、故人が生前に葬儀の内容は明るくしたいといった希望を伝えるケースもあります。

無宗教葬は、別名でプロデュース葬をも言われています。名前のように一定の形式にとらわれない葬儀をプロデュースすることができるからです。
最近は時代の変化とともに様々なものが進化しています。葬儀もそのひとつで、ニーズとともにいろいろな葬儀スタイルが出てきています。葬儀を行なう場合は、生前の故人の希望やアイデアを取り入れることもひとつの方法でしょう。