葬儀について知りましょう!|スムーズに葬儀を執り行うために

香典

執り行う流れについて

合掌

お恥ずかしながら、今までは埼玉などで執り行うお葬式のことについて、ちっともよく分かっていませんでした。というのも、今までに、一度しかお葬式に参列したことがないからです。しかも、それは小さな時だったので、深い意味を理解しているはずもありません。埼玉などの葬儀に参列している時は、ただ「これがお別れの瞬間なのだな」というのを思っていたような気がします。さて、前章で埼玉などで執り行う「葬式」と「葬儀」の違いについてはご紹介していきました。ここでは、もう一つ、私がどうしてもわからなかった疑問についてまとめていこうと思います。私がどうしてもわからなかったこととは・・・「お通夜から遺骨の法要までの流れ」です。お通夜と告別式はどちらが先なのか?という基本的なことすらわかっていなかったので、まずは大まかな流れをまとめていきたいと思います。
最初に行われるのは、「お通夜」です。お通夜の次には「葬儀」と「告別式」が行われます。葬儀と告別式は、だいたい一緒に行われることが多いですね。埼玉などでの葬儀と告別式の後には「火葬」が行われます。そして骨上げをして、「遺骨を法要する」という流れになっています。よく、インターネットの質門板に、「お通夜と告別式、どちらに参加するべきでしょうか?」といった質門を見かけます。これに関しては、特に親しかった人の場合だとお通夜と葬儀ならびに告別式の両方に参列することが多いです。近頃はお通夜だけに参列するケースも増えてきているようなので、周りの方とご相談して決められた方がいいでしょう。